さわざき.net - キングスパン60番1000mは家庭用ミシンで使えるか?

キングスパン60番1000mは使えるか?
ホームページ > 縫う-裁縫材料・用具

「キングスパンミシン糸60番(#60/1000m)ニットソーイング用(ニット縫い合わせ用)=小型のコーン巻き」は、
普通の家庭用ミシン(水平糸立て棒式)で使えるか?

4本ロックミシンでニットソーイング用に、キングスパンミシン糸(60番1000m)が出ています。
これ、普通のソーイングに使えます。(ニットソーイング専用ではありません)

[後方] 生成、黒、濃紺(235) [前方] 白、ベージュ(99)、グレー(768) ◎他の色もあります
◎定価 1個347円(消費税込み)

職業用ミシンでは、コーン巻きの小型だから普通に使えます。ジャノメ「CKシリーズ」も使えます。
普通に糸立てに立て、上に引っ張りますので、何ら問題がありません。

「シャッペスパンミシン糸60番」と「キングスパンミシン糸60番」の比較

フジックスのホームページを参考にしました)
種類 材質 繊度(太さ)
dtex
強力N
(gf)
伸度
用途 長さ 価格(定価)
消費税込み
シャッペスパン
ミシン糸60番
ポリエステル 310 12.5
(1,280)
13 普通地用 200m 294円
700m 630円
キングスパン
ミシン糸60番
ポリエステル 295 10.8
(1,100)
16 普通地用
ニット縫い合わせ用
1,000m 347円

あくまで家庭用のミシン糸です。
シャッペスパンミシン糸と比べれば、若干弱いです。でも、普通の縫い物に使うには問題ありません。
糸面(艶、毛羽立ち、撚りなど)や強度など、シャッペスパンの方が高級品です。
キングスパンミシン糸は、工業用のキングスパンミシン糸と同じミシン糸です。
1,000m巻にして「ニットソーイング用」で売っていますが、「普通地用」に普通に使えます。
3,000m巻や5,000m巻では、家庭用には大きすぎます。
(長持ちしすぎます)
お徳用です。が、コーン巻きです。(コーン巻き=ロックミシン糸と同じような巻)
普通の家庭用ミシンの水平糸立て棒で使えるのか?
使えます![[ ただし、試したのは「さわざきミシン」で販売しているジャノメミシンです。]]
(他メーカーや、ジャノメでも違う機種で使えるかは保証できません。使えるかも知れませんが)

ジャノメミシン モナーゼE4000に付けてみましょう。

この例では、糸巻き押さえ(小)を使います。(大)を使ってもかまいません。
糸を糸立て棒に、底の方からセットします。

糸コマ押さえを、とんがりの付いた方から糸立て棒に差し込みます。とんがりが糸コマの上の穴に入るように差し込みます。
(普通に使うように糸コマ押さえを付けてもかまいません。固定されれば良いです)

さあ、固定できました。使えるかな?

上糸のセットをして、後ろから見た所です。きれいに宙に浮いて糸がスムーズに出ているのが分かります。OK!

ジャノメ ニューポエットDP−210にもセットしてみました。ごらんのようにスムーズに使えます。OK!

普通の既製品は、キングスパン60番を使っていると思いますので、お買い得(お徳用)だと思います。
シャッペスパンミシン糸の代わりに充分使えます。
(糸自体の仕上がり(艶、撚り、丈夫さ)は、シャッペの方が良いです。気になる方はシャッペをどうぞ)
※注意 家庭用ミシンの垂直糸立て棒(上に立てるの)では使わない方が良いです。(使えないと思った方が良いです)